無料QRコードリーダーどれがお勧め?

QRコードリーダーって何?

商品などの情報を細かい図形などの組み合わせに詰め込んだコードというものが存在します。身近なところだとバーコードというものかもしれません。

しかし、現在ではさらに複雑で多くの情報を詰め込むことが可能なQRコードというものが主要になってきました。正方形の中に複雑な図形が入り混じっているあれです。

スマホを利用している方であれば、LINEやSNSの情報を誰かと交換するときに利用したことがあるのではないでしょうか。

QRコードに詰め込まれた情報を読み取る為にはQRコードリーダーというものが必要です。

iOS11搭載のiPhoneの純正カメラでは自動で読み取ることができますが、iOS11以前のiPhoneではQRコードリーダーが必要になります。

無料で配布されているものが数多く存在するのですが、中でも使っての良い便利なQRコードリーダーをご紹介しますので、是非とも活用してみてください。

おすすめQRコードリーダー

QRコードリーダー ・ バーコードリーダー-アイコニット

QRコードリーダーの中でも様々な機能が凝縮されているひとつのアプリでたくさんの使い方が出来るアプリです。

特徴的な機能は、読み込んだ情報をアイコン化して保存が出来る機能です。連絡先やURLなどの情報をアイコン化してスマホのホーム画面に置いておけば、次回からその情報へのアクセスが格段に速くなります。

QRコードリーダー”Q”

QRコードを読み取るには正確にカメラの焦点をQRコードに合わせなくてはいけないのですが、これがなかなかうまくいかないことも多いです。

QRコードを読み取るには読み取りの画面を正確にコードにピントを合わせて撮影しないとならないのですが、このQRコードリーダーは精度がとても高いので簡単にQRコードを読み取ることが出来ます。多少手ブレをしても大丈夫です

また、一度読み込んだQRコードの情報が履歴として残るので、何度も同じQRコードを読み返す手間は省けます。

QRコードリーダーEQS

こちらのアプリもQRコードを素早く正確に読み取ってくれるのは変わらないのですが、特徴的なのは読み取ったURLは「Safari」や「Chrome」など、普段使っているブラウザで開くことができます。

また、アドレス帳やURLでQRコードを作成する機能がついています。この機能があることによって、かなり膨大な量の情報をQRコードにすることで情報をコンパクトにまとめることが可能です。

さらにそれをメールなどで誰かに送信することも可能なのです。

まとめ

ひとくちにQRコードリーダーと言ってもアプリによって付属しているサービスが様々です。

情報を取り出すだけでなく、保存しておきたい、管理したいという方にはそういう機能を有したQRコードリーダーをダウンロードして使って頂ければ幸いでしょう。

コメントを残す