OneNote を使ってみよう

One Note とは

ビジネスシーンでExcelやWordなどのソフトを活用している人は多いと思います。それどころか、これらのソフトを使いこなすことが出来なければ会議資料を作ったり、プレゼン資料を作れないといった事態に陥る程ビジネスマンには必須のソフトではないでしょうか。

それらのソフトを使用する場合、「ここは特に強調したい部分だから、画像を差し込んだりコメントを差し込んだりしたいなあ。」と思ったことがあるのではないでしょうか。

ExcelやWordは大変便利なソフトではありますが、もうひと手間かけて加工をするための便利なソフトがあるのです。

それは One Note というソフトです。 主に資料の作成に役立つソフトです。One Note とはExcelやWordと同じく、Officeシリーズのソフトです。パソコンはもちろんスマートフォン版やタブレット版なども配信されていて、多くのビジネスマンの業務の効率化に役立っているソフトです。

ExcelやWordだけでも十分な資料を作成することが出来ますが「One Note」を使うことでより見やすくて分かりやすい資料を作ることが可能です。

One Note の特徴

この記事を読んでみて一度試してみたいと思った方はこの記事の最後に「One Note」をダウンロード出来るサイトのURLを貼り付けておきましたので、そちらからダウンロードをして是非お試し頂きたいと思います。

One Note の特徴のひとつとしては自由にページ内に画像やテキストを挿入出来るということです。Wordでも同様の作業をすることが出来ますが、その配置を自由に決めることが出来ません。

あくまで、基本のテキストの文脈の中に挿入するくらいしか出来ないですよね。
One Note を使用すれば配置やデザイン、大きさなども自由に選択することが出来るので、より見やすい資料を作ることが出来るのです。

さらに One Note を使えばWordで作成した資料の中に動画を差し込むことも出来るのです。これは大変便利な機能です。動画は端末に保存したものだけではなくて、動画配信サイトに直接アクセスさせることも可能です。

もうひとつの大きな特徴は、インデックスを挿入出来るという点です。
複数のインデックスをメモ書きとして挿入することが可能です。しかも、挿入するインデックスは手書きで書き込むことも可能なのです。

会議やプレゼンの場でパソコンを使って資料を作成し、その資料を印刷するのではなくパソコンの画面上で相手に訴えることが多いのではないでしょうか。そんなときに、見やすくて分かりやすい資料を作成するためには是非とも活用したいソフトがこの「One Note」です。

他の人の作成した資料と差別化を図る為には是非とも使いこなしたいソフトでしょう。

コメントを残す